カードローンの金利はどうやって決まる?

カードローンなどの金利は、ほとんどの場合、借り入れ額やその他の要因によって変わり、また同じ条件でも金融機関によっても違いがあります。どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?カードローンなどの金利は、金融機関にもよりますが、基本的に借り入れ額が低いほど大きくなる傾向にあります。(低金利カードローンとは理由の一つとしては、利息制限法という金利(年率)の上限を定めた法律があります。利息制限法では、元本(借り入れ額)によって年率の上限が変わるようになっていて、元本が10万円未満で20%まで、10万円以上100万円未満で18%まで、100万円以上なら15%までと定められています。各金融機関は、この利息制限法にのっとって、独自に金利を定めています(もし利息制限法を無視している金融機関があったら、そこはヤミ金です)。法律以外に金利を決定する要因としては、「貸したお金が無事返ってくる可能性」の高さがあります。

カードローンを利用する際には審査を受けなければいけませんが、この時に、お金を借りる人の年齢や職業・年収、過去にお金を借りたことがあるかどうか・返済を滞納したことがあるかどうか、などなど様々な要素を「スコアリング」という方法で点数化し、その点数の大小によってその人の「貸したお金が無事返ってくる可能性」=「信用度」を判断しています。そして、「信用度」が高ければ高いほど、金利は低くなる傾向があります。返済が滞ったり自己破産される可能性が低く、損失を受ける可能性が低いと判断されるためです。ちなみに、カードローンを良く利用していて、返済も毎回きっちり期日までに行っている人は、「貸したお金が無事返ってくる可能性」が高い事を自身の行動で証明していることになるので「信用度」が高くなり、金利を低くしてもらえる傾向があります。また、過去にカードローンなどでお金を借りた事がない人は金利が高くなる傾向がありますが、これはその人がちゃんと返済してくれる人かどうかの判断材料がなく、「信用度」が測りきれないためという理由があります。