カードローンの審査について

カードローンを申し込むとその後には必ず審査が行われます。その人にお金を貸して大丈夫そうかということがいろいろな側面、属性から判断されて結果が出されるのです。この審査ですが、詳細な基準というものは完全非公開です。いわばそのカードローン会社の経営ノウハウであり、公開するようなものではありません。あまりにも基準を厳しくしすぎては、貸し倒れは少なくなるかもしれませんが貸し出し件数、金額も少なくなり、結果的に利息収入という会社の利益は小さくなってしまいます。逆にあまりにも基準を緩めてしまっては貸し出し件数や金額は多くなって利益は増加するかもしれませんが、貸し倒れも多くなってそれが経営を圧迫することは十分に考えられます。この中間に、利益もそれなりに多く確保でき、貸し倒れも許容範囲に収まるようなポイントが存在するはずで、それを求めてカードローン会社はどんな審査基準がよいのかを検討しているのです。つまり、会社にとっての重要機密事項であることが理解できるでしょう。ということで、この基準の詳細は分かりません。

仮に自分が申し込んで審査に落ちたとして、一体何が悪かったのか、今後その悪かった点を自分なりに改善した上で再度申し込みたいから、なぜ落ちたのかを教えて欲しいといっても決して教えてくれません。自分に関することなのに釈然としないかもしれませんが、これは決まりですから仕方がありません。ただし、だいたいのところでよければ、いろいろな方面からの情報により基準はだいたい見えてきます。そもそもどういうポイントが見られているのか、どういう基準で合否が判定されているのかということです。これは、一つ一つの属性について点数化、ポイント化されていると言われています。ある項目について、例えば上位の区分に入る人は何点、中間くらいの区分の人は何点、下位の区分の人は何点といった具合です。そして、それらの点数を全て合計し、一定の点数以上であれば合格、そうでなければ審査落ちとなります。