銀行のカードローンの仕組み説明

最近は、銀行がカードローンの宣伝を積極的に行っており、普通預金口座のカードでお金が借りられるところも出てきています。また、普通預金口座あれば、インターネットですべての手続きを行うことができる「ウェブ完結」の仕組みが利用できるところが増えており、店舗やATMなどに行くことなく、即日で振り込みキャッシングを利用できる場合もあります。銀行のカードローンが、消費者金融会社やクレジットカード会社などのキャッシングと違う点として、総量規制の対象になっていないことがあります。消費者金融会社などの貸金業者は、貸金業法によって年収の3分の1以上の貸出を行うことができなくなっています。これが、いわゆる総量規制です。しかし、銀行は銀行法に基づいて業務を行っており、貸金業法の規制を受けていません。そのため、総量規制による制限がなく、少額融資であれば源泉徴収票などの収入を証明する書類を求めない銀行もあり、柔軟性をもってカードローンを行うことが可能になっています。また、預金者から直接お金を集めており、現在は預金金利や定期預金金利などの利息がほとんどゼロパーセントのため、調達コストが大変安い状況になっています。

消費者金融会社やクレジットカード会社などのキャッシング金利と比較して、銀行が提供しているカードローンの金利が低めに設定されているのも、調達コストの低さが背景にあります。消費者金融会社などは、資金調達を自分で行う必要があり、コストが発生するため、顧客に提供するキャッシング金利も高めの設定になっています。最近は、銀行が提供するカードローン金額の方が、貸金業者などが出しているキャッシング融資よりも額が多くなっています。銀行のカードローンは専業主婦の人などでも、少額であれば借り入れることができますが、ゆるめの審査が指摘されており、過剰融資の可能性も指摘されていることなどから、業界で改善の議論が行われています。