カードローンの借り換えを行った方がメリットがあるケース

現在、既にカードローンから借り入れを行っている状態で、借り換えをした方がメリットがあるケースにはどのようなものがあるでしょうか。まず、借入利率が下がるケースが挙げられます。カードローンの利率は各社横並びというわけではありません。法律によって上限利率が決められているため、上限に関しては横並びになりますが、実質的な融資利率はバラバラなのです。たとえば50万円の借り入れを行う場合、銀行から借りた場合の利率は10パーセントで、消費者金融から借り入れた場合は18パーセントといった風に、カードローン会社によって上下があります。当然、できるだけ低い利率でお金を貸してくれるところに借り換えられれば得です。次に挙げられるのは、借り換えることで借入限度額が増えるケースです。利率と同様に、貸金業者が客に対して設定する融資枠はバラバラです。

たとえば、大手消費者金融の場合、多重債務者に貸す場合は貸し倒れのリスクを考えて融資枠は少なくすることが多いですが、新興の消費者金融の場合、リスクを承知で大手よりも多い融資枠を設定することがあります。たくさん借りられれば必ず得になるというわけではありませんが、できるだけ借り入れをしたい人にとっては、いくら利用してもまったく利用限度額が上がらない貸金業者との契約を続けるよりも、たくさん貸してくれるところに切り替えた方がいいでしょう。最後に挙げられるのは、多重債務状態に陥っているケースです。このケースでは、借り換え先を一社にする、つまり借入先を複数ではなく一つに絞ることがメリットになります。なぜ借入先を一社にするのがいいのかというと、返済日を毎月一回にできるからです。多重債務になると、ひとつきに何度も返済をしなければならなくなり、精神的に追い詰められていきます。このプレッシャーのせいで、心身ともに不調に陥ってしまうケースも珍しくありません。返済先が一社になれば、プレッシャーを少しは下げることができます。また、トータルの借入利率も低くなることが多いので、返済金額を少なくできます。