カードローンの契約で在籍確認が怖い人へ

とても嫌われる存在が在籍確認になります。カードローンを発行する貸金業者にしては、申し込みした人の与信を確認するために欠かせない審査の一環となりますが、利用者にとってみればあまり良い行為ではありません。これが行われることによって、勤めている職場に借金をしたことがバレてしまう可能性もあります。だからといって実質的な損害を被るわけではありませんが、それでも嫌がられる存在であるのは確かです。お金を借りたいけれど、これがあることで申し込みを避けている人も多いでしょう。しかしそんなに怖がる存在ではありません。対処方法もしっかりとあります。

カードローンによって在籍確認を職場に連絡をするのではなく、他の方法で行うこともあります。在籍確認をせずに、収入証明書の提出により勤めている職場の確認をし、電話連絡を一切しないカードローンもありますので、在籍確認が怖いのであれば、そんなカードローンを利用すると良いでしょう。またどうしても職場に連絡をされると困る場合は、他の方法で在籍確認を行ってくれることも。健康保険証などで確認してくれることもあり、そうであれば収入証明書といった用意するのが煩わしい書類を提出せずに済みます。あくまでも貸金業者によって判断がわかれますので、どうしても嫌であれば問い合わせてみると良いでしょう。あと考え方を改めるのも、ひとつの解決策になります。カードローンの在籍確認はそれほど怖い存在ではないことを知ることでそれを解決することができます。借金をすることはそれほど悪いものではありません。多くの人がかたちを変えて、ローン契約を結んでいます。よって多くの人が向き合うことですので、たとえ職場に連絡がきたとしても、それほど嫌がる必要はないのです。それほど怖い存在ではないことを知れば、カードローンの在籍確認を嫌がる理由も見つかりません。時間にしてみれば1分も掛からずに終わりますので、堂々と受け答えをすれば良いだけです。